IR豊洲

DATA

豊洲駅、地下出口の前に位置する4階建てのテナントビルである。周囲の建物はボリュームがあり、スケール的には没してしまう。商業ビルとしては存在感は欲しい。クライアントからは小さいながらも

「存在感ある個性的な外観デザイン」

を求められた。外壁はALCの縦張り、施工上デザインの幅は制約が大きい。ランダムな縦パターンで、上昇性とをイメージさせることを試みた。都市の多様性をアイロニカルに表現することも意識したが、存在感は想像以上であった。
 
1階はコンビニ、2,3,4階は託児施設内部は外観からすると広く、屋上にはプレイグラウンドもある。
子供達の多様性が外部にも溢れ出たようなデザインは彫刻的な建物としても認知されている.

開発 :株)レーサム
施工 :株)東京組
構造 :鉄骨造4階建
竣工 2014年2月

SDGs Category

sdg-image